壁が高ければ高いほど面白い!高校留学に向いている人って?

高校留学

new posts

高い壁を乗り越える事による成長のメリット

高校留学のメリットは、とても大きいです。語学力を高められるメリットがありますし、現地の国の文化を肌で実感できる魅力もあるのです。それを多感な時期に経験できるのは、とても大きいですね。しかし高校留学は、やはりそれなりに壁も高くなります。少なくとも日本の高校を卒業するよりは、確実に壁は高いです。
まず最も大きな壁は、外国語です。アメリカにしてもオーストラリアにしても、少なくとも英語力だけは必要になります。さすがに全く英単語が分からない状態では、どう考えても厳しいでしょう。それだけに、英語の壁に直面する事だけは間違いありません。そうかと思えば、カルチャーギャップに関するハードルもあります。日本とオーストラリアでは、文化や風土などは全く違うのですね。ギャップの大きさに慣れるまでには、やはりそれなりに乗り越える壁も高いのは確実です。
逆に、それを乗り越えた後の成長がメリットなのです。人間は高いハードルを超えますと、1回り成長できるのですね。日本の高校を卒業した時の成長度合いが5だとすると、海外留学の場合は8や9などの具合です。将来に備えて一回り成長したいと望むなら、やはり高校留学は悪くない選択肢と言えます。

高校留学に向いている人の特徴

高校留学は比較的若い年齢で留学することが出来るため、経験をつむ上で良さそうだなと思う反面、不安になる人も多いと思います。そこで高校留学をするのに向いている人の特徴を簡単に紹介します。
一番向いているのは、将来グローバルな分野で働きたいと思っている人です。既に世界に目を向けているなら、行動するのに早すぎるということはありません。高校生のうちに留学して豊富な知識をつけてきて下さい。進路はまだ決まっていないけど、海外に興味のあるという人もお勧めです。高校留学から帰ってきた後で将来やりたいことがハッキリする人はたくさんいます。また、毎日同じことの繰り返しでつまらない、刺激が欲しいという人にも是非行って欲しいです。そういうタイプの人は頭が賢く、新しいことを取り入れる力に長けています。海外に行けば、これまで知らなかった世界が広がっていて、素晴らしい多くの体験が待っていますよ。視野も広くなるので、日本に帰ってきたときに日常を違った視点で捉えることが出来ます。
いずれにしても高校留学=勉強と考えず、人生を豊かにするための糧だと思うと良いですね。高校生特有のスポンジのような吸収力を活かして高校留学を楽しみましょう。

多感な時期に留学すると多くを学べる

昨今では、語学力に対するニーズも高まってきています。そもそも学生が将来的に活躍するとなると、語学力を高めておくべきとの考えもあるのです。確かに英語力がある方が、多くの企業では優遇される傾向があります。一部の企業では、英語力が一定以上の学生の方々のみ採用している事もあります。またキャリア形成の意味でも、語学力がある方が有利になる事も多いです。
ところで高校留学には、その語学力を高めることに関するメリットがあります。なぜなら吸収能力が高い時期に、語学を学ぶ事ができるからです。高校生という時期は、とても多感です。他の年齢と比べると、かなり吸収力が優れています。感受性なども研ぎ澄まされていますし、学習時にも多くの事柄を学べるとの意見が根強いです。大人になってから英語力を高めようと頑張るよりも、むしろ感受性が豊かな高校の時期に高校留学をして英語学習を頑張る方が、かなり力が高まるとも意見も多いです。それと多感な時期に外国に行くことによって、多くの事を学べるとの意見もあります。20代になってから留学をするよりは、高校生の内に留学をしておく方が、非常に多くの事を吸収できるとの考えに基づいている訳です。
すなわち「多感な時期での吸収能力をフル活用して、外国にて多くの事柄を学べる」のが高校留学のメリットの1つと言えます。

topics

人数と学ぶ環境に関する魅力

アルファベット

学校にて学ぶとなると、環境面などは極めて大切です。優れた環境で学べるか否かは、快適性にも大きく関わってくるでしょう。このため人々は、自分の志望校などを環境で選ぶ事も多々あります。教育環境が恵まれ…

高校留学に関して

学生

最近の海外留学では高校から留学するシステムが整っているので高校から留学する人が増えています。高校留学のメリットとしては早い段階から異文化に触れられるので感性などが早い段階から磨かれることが挙げら…

高校留学に向いている人は?

勉強

高校留学にむいている人はどんな人なのでしょう。一概には言えませんが紹介していきたいと思います。まずはやはり目的意識をしっかりと持っている人でしょう。高校留学をする時に、目的もなくただ海外…